2007/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2007/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kakikaki.gif


雪山の中

セスッチとゼリの前に

大きなが現れた(ジュル



って、実はカクウェイさんこと「カクさん」だったのです。








kakikakikai.gif



雪山でを空かせた僕達は・・・





もう、こうするしかなかった




ka.gif

kaki4.gif




なかなかおとなしく食べられてくれない・・・



しかし、持久力の無い柿は自ら立ち止まる

普通ならここで食べてしまう所だが

柿評論家のセスッチはあることに気づき

こう心の中で呟く・・・






「この色

このツヤ

も・・・もしや

渋柿ではないだろうか」



tabegoro2.gif



釣竿で柿を吊るし干そうとするのを見、僕も気づく


そこへすかさずたいまつ


(性格からみて甘柿かと思ってた・・・)



kogeru.gif



柿も甘く美味しくいただき

とても充実した集会(?)となった。


※この物語は、2割程フィクションでございます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。